クリーデンス・ツーリスト・ビューロー(CTB)since 2007 (1977)
弊社は海外渡航を中心に行っていますので現在、テレワーク体制で営業しております。ご用命は下記までお願い致します。

電話:075-325-2855(自動転送)
mail:kuramoto@ctb-tabi.com
 
【ラオス】2020年8月5日アップロード

 7月31日、ラオス・COVID19対策特別委員会は、COVID-19防止対策実施期間中のラオス出入国にかかる勧告を
 以下のとおり発出しました。個人が、業務遂行のためにラオス入国を緊急に必要とする場合、事前に対策特別委
 員会から許可を得て,以下の対策を実施することを求めています。

 ※ラオス到着時間から起算して72時間以内に発行されたRT-PCR法によるCOVID-19検査証明書を取得すること。
 ※ラオス入国時にRT-PCR法によるCOVID-19検査を受け、対策特別委員会が指定する滞在場所にて14日間自己隔離すること。
 ※ラオスから出国予定の方は,在ラオス日本国大使館からラオス外務省への手続きが必要。

 詳細は、在ラオス日本大使館発信情報をご確認ください。
 https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=95850

 

【ラオス】2020年7月3日アップロード

 入国制限(一部緩和)

 新型コロナウイルスの影響によるラオスの入国制限に関し、在ラオス日本大使館から情報が発信されています。

【新型コロナウイルス(感染防止対策の一部緩和:7月1日〜7月31日)】
 https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=93514

 情報は流動的なため、その都度外務省情報等で最新情報を確認してください。
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_020.html#ad-image-0
 現地大使館・総領事館からの安全情報
 https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMail.html?countryCd=0856

 一部情報抜粋

  国際国境事務所については、引き続き一般人の出入国を禁止しています。急を要する事情があり、対策特別委員会の許可
  を得た場合に限りラオス国籍者及び外国籍者の出入国を認めている模様です。

  国際国境事務所における貨物輸送については通常通り認められています。

  COVID19流行国から渡航する(トランジットを含む)一般人に対しては、引き続き観光・訪問査証の発給を停止しています。

Copyright 2007 Credence Tourist Bureau Co.,Ltd. All rights reserved.